主任技能者とは

厚生労働大臣が認定する、国家検定に準ずる資格にチャレンジできます。

主任技能者は現場責任者として活躍

「セキスイハウス主任技能者検定」は、厚生労働大臣認定の社内検定制度です。検定は年に1回行われ、検定合格者は累計で1万5千人以上に上り、「主任技能者」として認定されると、現場責任者(現場作業のリーダー)として活躍することができます。

厚生労働省による認定証

主任技能者専用ヘルメット

成長が実感できる育成フォロー

「セキスイハウス主任技能者検定」の目的は、積水ハウスの基礎・外装・内装の施工に携わる技能者の技能を公正・的確に評価すること、検定を通じて品質向上に寄与することです。受検資格は、積水ハウスの現場において検定職種についての技能実務経験が3年以上あること、所定の講習を修了し、「積水ハウス施工従事者データベース」に登録していること。「主任技能者としてふさわしい人間性を兼ね備え、図面および仕様書などに基づく施工内容の詳細を理解し、規定通りの工事ができ、必要な専門知識と技能を有する作業者であって、円滑かつ確実に業務を遂行できること」が評価基準となります。評価基準に達しているか否かは、技能者の知識を評価する学科試験、技能者の技能を評価する実技試験の二つで判定します。単年度内に学科試験と実技試験の両方に合格すると「セキスイハウス主任技能者」として認定され、検定合格後、経験を積み重ね「施工マイスター」への道が続いています。
「施工マイスター」は、主任技能者の中より認定され、豊富な施工実績・経験があり、技術・技能が優秀であるばかりではなく、後進の指導育成に秀でているなど、厳しい基準をクリアした施工技能者です。

成長のステップ

セキスイハウスの施工技術者教育研修体系

もっと知りたい

  • 専門の高い知識と技術(積水ハウス指定工事店とは)
  • 先輩たちの声(技術者紹介)
  • いつまでも安心(補償・助成・報奨制度)
  • 積水ハウスのことを知る