育成制度

明日の街並みを生み出す。建築のプロフェッショナルを育てます。

積水ハウス株式会社「教育訓練センター訓練校」での育成支援体制

教育訓練センター訓練校での育成支援体制

実際の建築現場で施工に携わる若い技能者・技術者の育成を目的に「教育訓練センター訓練校」を開校。知識と技術の両面から、建築のプロと呼ぶにふさわしい「創造力」、「技術力」、「人間力」を大切に育んでいきたいと考えます。
施工協力会社(積水ハウス指定工事店)入社後、一ヶ月間の事業所教育を経て、訓練校では約半年間、会社から給与を受けながら優秀な技能者としての知識や技能を理論と実技の両面より身に付けていきます。訓練修了後は積水ハウスの施工現場の第一線で、施工技術者として活躍の場が待っています。また、優秀な技能者には主任技能者や施工マイスターへの挑戦の道が開けています。

入社後のフロー

入社後のフロー

入社後のフロー

施工技術者人材育成基本方針

①「自ら考え行動する」施工技術者の育成。
特に技能者育成に関しては実践的技能習熟即戦力の養成。
③「知識」・「技能」・「品性」三位一体、情理円満のバランスの取れた成長を目指す。

即戦力をめざした、実践的なカリキュラム。

訓練カリキュラムは実際の現場を想定した実技中心の設定。また、指導はプレハブ建築科において指導経験豊富な講師陣が担当。先進技術を習得することで、プロとしての「技術力」を高めていきます。

実技(実習)

実技(実習)

施工の基本である各種の作業器具の取扱い、現場での実習を通して技能を確実に習得します。

学科(座学)

学科(座学)

社会人、職業人として大切なマナーや社会のルールなど、幅広い教養を身につけます。

豊かな人間性を培う、恵まれた生活環境。

暮らす人の快適性を想い、さらには現場のスタッフ同士の連携も考える。そんな人間性豊かな技能者・技術者を育成するため、訓練校では全寮制を採用。自然を感じられる落ち着いた生活環境のなか、寮生同士の交流や校内レクリエーションを通じて、魅力ある「人間力」を培います。

豊かな人間性を培う、恵まれた生活環境。
住宅がまるごと1棟建築可能な「外装実習棟」と「内装施工実習棟」等の専用施設

「外装実習棟」と「内装施工実習棟」等の専用施設での実際の部材を用いた組立訓練など、生きた技術を身に付けるための教育環境を整えています。また全寮制による生活拠点となる寮施設は、ベッド、デスク、エアコンを完備した個室形式で、プライバシーへの配慮が行き届いている一方、食堂、浴室、ランドリールーム、娯楽コーナーなどの共用部分も充実し、快適な新生活を送ることができます。(女性寮は浴室・洗面所も完備)

  • 東日本校
    東日本校
    〒306-0212 茨城県古河市久能812
  • 中日本校
    中日本校
    〒520-3026 滋賀県栗東市下鈎1504
  • 西日本校
    西日本校
    〒747-1221 山口県山口市鋳銭司4903
訓練期間中に必要な資格習得をめざします。
技能講習修了証 玉掛け/機械式継ぎ手(FDグリップ)
特別教育修了証 低圧電気取扱者/丸のこ等作業従事者/自由研削砥石取替等業務/石綿取扱作業者/振動工具取扱業者/足場の組立等作業従事者

もっと知りたい

  • 専門の高い知識と技術(積水ハウス指定工事店とは)
  • 先輩たちの声(技術者紹介)
  • いつまでも安心(補償・助成・報奨制度)
  • 積水ハウスのことを知る